電柱を建てる!!!

家の修復の中でも一つの大きな山場でした。

やる前は不安で不安で、一度はやっぱり止めようか‥‥なんて考えたりもしました。でも、やってみれば、「あ、こんなもんか!」という感じでした。実際経験しているのと、していないのとでは見えている世界が全然違いますね。

動画では割愛していますが、柱を見つけて、そして運ぶのが結構大変だったんです。いろんな事情で運んだ時の動画は載せられませんが、驚きの連続で、新しい家に柱が降り立った時は感慨深いものがありました。

今回の動画であったように、柱を建て、家とを電線で繋いだあと、後日東電提携の電気業者に引き込み柱と外の電柱とを電線を繋いでもらい、ある日、家の中の電気のスイッチを何気なく押してみたら、照明がつきました。

その時の感動と言ったら‥‥!!!!!

電気が使えることの喜び。

今までだったら電気会社に連絡するだけですぐ使えたけど、今のこの電線が繋がっていなかった家を選んだからこそ、電気のありがたみを知ることが出来ました。

電気のない状態での修復約2ヶ月。

電気が通ってからは電気工具が気軽に使えるようになり、修復も一気に進んでいきました。

電気が通ったからこそ、井戸水ポンプの交換も給湯器の交換もできる。

電気は生活インフラを整える上で、まず最初にやらなければいけないことだったんです。

uchinokurashi

修復に必要な道具とささやかな生活に使わせていただきます ありがとうございます

¥200

投稿者: uchinokurashi

内山隼人 「ロボットダンスをするスーツの7人組」でお馴染みのあのグループのメンバー。何でもお金の都市型生活に疑問を持ち、2019年7月に千葉県匝瑳市に妻と1歳の子を連れ移住。はじめての子育てで、今まで経験したことのない喜びと経験したことのない忙しさに翻弄されながら、一つ一つ暮らしをつくり始める。狩猟免許を取得し、今季猟師デビューしたばかり。自然栽培の田んぼと畑を少し経験するも、現在は体が追いつかずお休み中。やりたいことは山ほどあるが、限られた時間のなか取捨選択しながら毎日を送っている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。